最近の記事

2008年03月16日

値下がりは想像以上?

前回不動産市境について考えてみる
http://realblog.seesaa.net/article/89546547.html

というのを書きました。
その日に参加した船井財産のセミナーでも同様な話を聞きました。
その中で、
住居用の物件の動きが鈍い。日本株が値下がりしているので、株を売ってマイホームの自己資金に回すということができないためとのこと。
多くの方は、諸費用や自己資金はある程度入れなければならないですが、株をやっている人なんかだといままで株で運用していた一部を換金してそれに充てたりします。
しかし、日本株がサブプライムの影響で相当に下げていますので、損をしたり、買値より下がってしまっている株を売却して自己資金に充てたりする人は減ってしまっているとのこと。
こういう面でも不動産の需要にマイナス影響を与えていますね。

さて、タイトルの値下がりは想像以上?の本論です。
ちょっと前から、ファンド物件で2割3割の指値ができそうなんて売り物件があるとか耳にしておりました。
それが、昨日なんと4割下がるかもって物件の話が出てきました。
とんでもないですよね。

これから、ファンドの売り、デベロッパーなどの破綻懸念企業の売り急ぎ、破産物件の管財人などの処分売りなどかなりの想像以上の売り圧力がでてきそうです。
ここ数年の不動産ファンド、SMBCをはじめとする銀行の不動産への融資をバンバンつけたことなどで急激に上がっていた不動産価格なので(長期でゆっくり上げていればこんなでもなかったかもしれません)下落のスピードも早いようですね。
年末から来年の3月あたりは相当いい物件が出てきそうです。(つまり、いま以上に相当に下げると思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。