最近の記事

2004年12月27日

21日 近未来通信に行ってきた

会社帰りに、近未来通信に中継局オーナーの仕組みを伺いに行ってきた。

約1200万円くらい支払ってオーナーになると元金の回収に3年程度かかるようです。
2年目以降は、年利回り50%くらいのようです。

人気blogランキングを見る

初年度は、収入よりも経費の支出が多いため多いときで30万円くらいのマイナスです。
ですが、10ヶ月前後で月額50万円程度の黒字まで徐々に収益が上がっていきます。
その後は、毎月の中継局の利用料に応じて収入が若干ぶれますが、50万円前後の利益がコンスタントに何もしなくても得られるということです。

中継局とは、IP電話の中継局で8回戦からの回線のオーナーになるというものです。
その回線を利用してのIP電話の使用料金や海外へのプリペイドカードでの電話料金や海外からの電話の着信料金などに対して決まった掛け率でオーナーに配当のような形で支払いがあるようです。
一度、中継局のオーナーになると近未来通信という会社が存続している限り利益の支払いが続くようです。
2年目以降は、月額50万と仮定すると年に600万円稼ぐわけですから初期投資1200万円とすると50%ですね。

かなり、いい利回りの商品と思われます。
なお、この記事を見て投資して損をしても私は責任を負えませんので投資は自己責任でお願いします。

近未来通信カテゴリ
http://realblog.seesaa.net/category/176845.html





近未来通信関連記事
近未来通信に行ってきた
http://realblog.seesaa.net/article/1405118.html

近未来通信の中継局オーナー事業説明会に行ってきた
http://realblog.seesaa.net/article/1527852.html

近未来通信グローバルカード金券ショップ価格情報
http://realblog.seesaa.net/article/1572063.html


近未来通信をGoogleで検索







Google













Web


realblog.
seesaa.net













posted by 三代目大家マサ at 02:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 近未来通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。