最近の記事

2005年01月30日

”現役”融資担当者が語る不動産融資を受ける極意

”現役”融資担当者が語る不動産融資を受ける極意

不動産投資アドバイザーのCDです。

商品説明HPより抜粋
*********
不動産投資を成功に導く必須の力。それは資金調達です。

たとえ高価格、高利回りの物件があっても、融資を引っ張れる力があれば買えるのです。


不動産投資に成功されている人は、銀行などの金融機関から必ずと言っていいほど融資を受けているという事実。そして調達した資金で購入した物件から、毎月 安定したキャッシュフローを得ているという事実。

・・・・

人気blogランキングを見る


 ●●● セミナー内容 ●●●



・融資担当の私が融資をしたい人の条件
・銀行融資を引くための必須条件
・お金を貸したくなる物件とは?
・銀行マンとの交渉はこうしろ!
・質疑応答

この他にも、融資を引っ張るノウハウを出し惜しみなくお話しいたします!


*****
このような不動産投資に欠かせない融資の実態を現役銀行マンが教えてくれるとのこと。
いま買い付けを入れている物件があるので役に立ちそうです。
買ってみて内容を活用してみようと思っています。


posted by 三代目大家マサ at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 本、CD、DVDなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アメリカの不動産と日本の不動産の違い。
Excerpt:  日本の不動産とアメリカの不動産の大きな違いは”再販市場”にある。アメリカの年間住宅取引数の80〜90%は中古、こちらでは日本のような”新築信仰”というのが皆無なのです。平均4〜7年で次の家に移り住む..
Weblog: ジンタのテニス人生!
Tracked: 2005-02-04 07:07