参加予定およびお勧めのセミナーなどです。
すべてには参加しませんが、参加したセミナーなどで当日お会いした方は、よろしくお願いします。

不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家

3月14日 NSX松田さんのお宝セミナー

人気シリーズ記事 資産なしでぎりぎりの投資をする危険性シリーズ第1回 応援クリックお願いします! にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
CASHFLOW101式 CD「激安アパート経営」でマサの対談CD販売中



2005年02月12日

両国予備校 少子化で浪人生激減、8日に閉鎖(今週の気になったニュースその3)

両国予備校 少子化で浪人生激減、8日に閉鎖

人気blogランキングを見る



医学部や歯学部、薬学部の受験準備で知られる「両国予備校」(東京都墨田区)が、8日の授業を最後に閉鎖された。少子化の影響で浪人生が激減し、経営が成り立たなくなったためで、新年度の生徒募集を停止した。有名予備校の閉鎖は、2000年に予備校業務から撤退した「研数学館」(東京都)以来。老舗予備校は設立から30年で幕を閉じることになった。
 両国予備校は1975年に医学部や歯学部、薬学部の受験予備校として発足した。ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)で昨夏まで受験講座を放送し、81年には大阪校(東大阪市)を開校。86年には文系学部受験科も設け、総合予備校になった。東大、京大など国公立大の理系学部、医学部、早大、慶大にも合格者を出した。
 91、92年のピーク時には生徒数が5000人を超え、講師も200人以上になった。JR両国駅前を中心に16棟の校舎や30カ所以上の寮を造ったが、年々生徒が減少。現在は500人ほどになり、校舎も相次いで閉じてきた。
 社会人向けの講座開設や現役生の受け入れも検討したが、他の大手予備校と競合することなどから断念した。さらに文部科学省の推計によると、現在13万人余りの浪人生が08年度には2万4000人にまで減り、大手予備校「河合塾」の医・歯学部専門の校舎も今春にできるため、「使命を終えたと判断した」という。
 同予備校の「国公立大2次試験総仕上げ特訓」の講座は8日に終わり、大阪校も同時に業務を終了した。現在在籍する受験生が入試を受けているため、寮は3月10日まで続ける。講師や事務職員計約70人は、他の予備校に紹介したり、ハローワークを通じて再就職をあっせんしているという。
 同予備校の桜井美弘理事長は「頑張ればまだ2、3年は続ける体力はあるが、それで赤字を増やすよりも『役割を終えた』としたい。残念だが、やむを得ない」と話している。
 両国予備校の閉鎖について、大手予備校の代々木ゼミナール関係者は「少子化の影響は受験界にとって予想以上に深刻。社会人向けの資格試験講座を作ったり、現役生を大幅に受け入れないと生き残れない」と言う。


両国予備校といえば、予備校時代にはテレビCMもやっていたし医師薬理工系の予備校として有名でした。
その両国予備校が閉鎖というニュースをみてびっくりしました。
ニュース記事を読んで、ここまで少子化が大きく影響してきているという実感がわいてきました。
と同時に、アパート経営にも今はまだそれほど実感はないですが、10年もしたら大変なことになっているかもしれません。
特に、大学の近辺のアパートは危険ですね。
私の東金のアパートも大学が近くにあるので大学生が住んでいます。
でも社会人の人も入っています。これは大学からすこし距離があるためでしょう。
いまはできるだけ大学に近いほうが有利でしょうが、将来を考えると少し離れていてよかったのかなとも思いました。
いま大学近辺に新築でアパートを買った人は、かなり危険な気がします。
ローンを払い終わる前に大学がなくなり、需要がなくなるか学生数が減少して空室率が上がり家賃も競争で下がるでしょう。ぎりぎりのローンならきっと破綻してしまいますね。

ニュース記事の
「文部科学省の推計によると、現在13万人余りの浪人生が08年度には2万4000人にまで減り」
ここを見ると、ほとんど大学には入りたい人は入れてしまうということです。
つまり大学は、需給の関係が崩れるのです。
負け組み大学の近くにアパートを持ってしまったらアウトですね。
これからは、大学の統廃合もどんどん起こってくるように思います。
統廃合がなくても、キャンパスが2箇所にわかれている大学も結構ありますが、そのうちの片方を廃止することもあるでしょう。

これからアパートを購入される方で大学近辺の物件を購入される場合は、十分に気をつける必要があると思います。
posted by 三代目大家マサ at 00:45| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高校での体罰が教育界で問題になっていますが、両国予備校はスパルタ教育で話題になりました。『アタック25』などで提供、放映されたテレビCMは、親に入学を勧めるもので、有名女優起用がそれを物語っています。
肝心の受験生が河合塾、駿台、代ゼミに行きたい中、親が両国予備校を進めるケースは本当に多かったと思います。もちろん、今はスパルタだけでは育たないのですが、親世代はこれで育っただけに気に入ったのでしょう。
ちなみに、新聞1ページ分を使って派手に宣伝していたこともあります。医歯薬理工系が中心でしたが、ともすれば命を脅かしかねない分野だけに、生半可になるなという意味も込めてのスパルタだったものと推察します。
あっ、僕は北海道の地方在住者ですが、ある小学校時代同期生の兄が札幌で大学受験のための高校浪人をしたら学力が落ちて下位大学に行くしかなく、両国予備校に入れれば良かったと悔やんでいた親を見たことあります。
余談ですが、僕はトヨタ自動車ナビ代5万円プレゼントのCMでも話題になった、東進衛星予備校がおすすめ予備校です。学校法人ではないものの、地元で高校浪人出来るため、大幅経費節減出来ることが評判だからです。
実は私、公務員試験受験の公務員浪人でしたが、高校浪人同様、大都市に行かないと出来ませんでした。今は地元でも浪人出来る体制が整っており、もう10年くらい遅く生まれていたらという恨み節も出るのが本音です。
Posted by 匿名希望 at 2013年02月20日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1910054
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ ←参考になりましたら不動産投資ランキングクリックお願いします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。